J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

育種学研究
Vol. 16 (2014) No. 3 p. 115-120

記事言語:

http://doi.org/10.1270/jsbbr.16.115

原著論文

フラットベッドスキャナ(スキャナ)と画像解析ソフトを用いて炊飯米の白さを測定する方法を開発した.直径35 mmのプラスチックシャーレに炊飯米を充填し,スキャナで画像を取り込み,画像解析ソフトにより黄色方向を示すb*値を算出した.b*値は,食味官能試験の白さと1%水準で有意な相関を示したこと,および明瞭な品種間差があったことから,炊飯米の白さはb*値で評価できた.b*値と食味官能試験の外観総合および食味総合との間には1%水準で有意な相関が見られたことから,炊飯米の白さは食味の重要な要素の1つであることを確認した.さらに,b*値と出穂期の間に1%水準で有意な相関が見られた.本研究で開発した炊飯米の白さの測定法における試料は,少量で十分なことから,初期世代での食味の補助的な選抜方法として応用可能であり,良食味品種の育成に資することが期待される.

Copyright © 2014 日本育種学会

記事ツール

この記事を共有