育種学雑誌
Online ISSN : 2185-291X
Print ISSN : 0536-3683
イネの機動細胞にみられる珪酸体の形状の遺伝的解析
王 才林宇田津 徹朗藤原 宏志
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 48 巻 2 号 p. 163-168

詳細
抄録

イネの葉の機動細胞にみられる珪酸体の形状について,F2世代の分析およびダイアレル分析を行い,その遺伝特性を調べた.珪酸体の縦長,横長,側長および形状係数におけるF.世代の分布は、いずれも両親の値の分布範囲を超える連続的な分離を示した.この結果がら,珪酸体の形状は,複数の遺伝子に支配される量的形質であると推測された.また,ダイアレル分析の結果から,珪酸体の4形質の遺伝様式は,いずれも相加効果および優性効果のみからなる単純な遺伝モデルに適合し,これらの形質は,比較的単純な遺伝システムに支配されているものと推定された、遺伝率を推定した結果,4形質の広義の遺伝率は,0.43~O.73の幅を示した.ダイアレル分析による狭義の遺伝率は,O.29~O.54であった.イネにおける機動細胞珪酸体の形状は,栽培環境による影響を多少とも受け得ると判断される.

著者関連情報
© 日本育種学会
前の記事 次の記事
feedback
Top