インフラメンテナンス実践研究論文集
Online ISSN : 2436-777X
B.技術とプロジェクト
下水道施設のメンテナンスフリーを目指した耐硫酸コンクリートの開発と展開
宮原 茂禎大脇 英司藤野 由隆伊藤 智章
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 1 巻 1 号 p. 180-188

詳細
抄録

 我が国の下水道施設のコンクリート構造物は標準的な耐用年数である50年を超え始め,改修や改築の需要が増加すると予測される.また,微生物が生成する硫酸により激しく腐食し,早期の補修が必要な場合もある.限られた財源や人員のもとで下水道サービスを継続するには,硫酸に対する抵抗性を高めてメンテナンスフリーや長寿命化に貢献する耐硫酸性をもつコンクリートの開発が望まれる.腐食速度を通常のコンクリートの1/10以下にした耐硫酸コンクリートと,その品質を発揮させる施工法と設計法を開発し,適用を開始した.施工後7年間の追跡調査で一連の開発が適切であったことを確認した.適用事例から試算したライフサイクルコストは在来工法の約半分となった.下水道運用の制約の中でコンクリート構造物に有効なメンテナンス技術を確立できた.

著者関連情報
© 2022 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top