土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
ケーブルの高次振動モードの固有振動数測定値からの張力測定法について
島田 忠幸
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 1994 巻 501 号 p. 163-171

詳細
抄録

本論文は, ケーブルの高次モードの固有振動数から張力を測定することを目的として, ケーブルのサグ・傾斜・曲げ剛性を考慮したケーブル振動の特性方程式を導き, 測定精度についての考察を行った. この結果, 高次振動次数から推定した張力は十分なる精度を有することが判明し, この方法を用いれば常時微動法が適用できるので, 長さの長いケーブルに対しても加振する必要がなくなり, 迅速な測定ができることを示した.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top