土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
ISSN-L : 0289-7806
南京首都計画 (国都建設・1927-1936年) の成立と内容
田中 重光三浦 裕二
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 1996 巻 530 号 p. 49-66

詳細
抄録

本計画は孫科を主席とする首都建設委員会によって土地利用計画, 街区構成・街路・公園緑化計画などが策定されたものである.
本計画の特徴は, 市内に点在する公園緑地を林蔭大道や環城大道 (本稿はこの両者をパークウェイ的要素として扱う) などで連結し, 新しい都市構造の骨子である“大街区”を創出したことにある. 本稿は, これらがアメリカにおける郊外型公園系都市計画手法の影響を受けつつも, 市街地型公園系都市計画手法に伸展させたことを明らかにした. よって, 本計画が近代都市計画史における公園系都市計画の事例の一つとして位置づけられることを目的とするものである.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top