J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集
Vol. 1997 (1997) No. 565 P 129-138

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscej.1997.565_129


橘湾の開発に当たり, 1946年に来襲し被災している南海道津波に対する安全性を調査した. 被災時の橘湾の地形から, これまでの埋立によって現況地形が変化し, さらに将来の埋立によって地形が変化することにより, 来襲する津波の挙動が変化することを数値シミュレーションにより明らかにする. また, 津波が周辺地域を被災させないための対策工についても報告する.

Copyright © 社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有