土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
ISSN-L : 0289-7806
雲仙普賢岳の火山災害における情報伝達および避難対策
高橋 和雄藤井 真
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 1997 巻 567 号 p. 33-52

詳細
抄録

雲仙普賢岳の火山災害では, 当初198年前の寛政の噴火当時に生じた眉山の崩壊を警戒した避難計画が策定された. 今回の災害では土石流および火砕流が頻発したため, これらの発生に備えた避難対策や博報伝達体制が導入された. しかし, 火山噴火災害の事例が少ないこともあって, 避難対策および博報伝達体制に数多くの課題が生じた. 本報告では, 雲仙普賢岳の火山災害における情報伝達体制および住民の避難対策を詳細に調査した結果をまとめる.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top