土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
ISSN-L : 0289-7806
公共投資における生産誘発効果の変遷とその要因分析
片田 敏孝石川 良文青島 縮次郎岡 寿一
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 1997 巻 576 号 p. 31-41

詳細
抄録

本研究は公共投資の景気対策としての有効性を, 主に生産誘発効果の観点から検討することを目的としている. この検討においてはまず, 18種類の公共事業 (建設事業) の生産誘発効果を, 昭和40年から平成2年の6時点について計測し, 公共事業の景気対策としての効果の経年推移を事業種ごとに把握するとともに, 各時点の公共事業の事業種内訳を考慮して, 公共投資全体の生産誘発の効率性の変遷を明らかにする. またこれに続いて, 生産誘発効果の経年変化の要因を, 投資に伴う最終需要の生成効率, 国際貿易の変化, 生産波及の効率性の観点から検討し, 生産誘発効果の経年変化の要因構成を明らかにする.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top