土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
ランダム限界効用に基づく滞在時間モデルに関する理論的研究
小林 潔司喜多 秀行後藤 忠博
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 1997 巻 576 号 p. 43-54

詳細
抄録

本研究では個人の効用最大化行動に基づいた滞在時間分布モデルを提案する. そのために, 個人の滞在時間決定行動をランダム限界効用モデルを用いて表現するとともに, 個人間での時間価値の確率分布から滞在時間の確率分布モデルを導出する. さらに, 代替的な効用関数の形式, 時間価値の確率分布を提案し, それに基づいた滞在時間分布モデルを導出する. 最後に, 数値計算を通じて滞在時間分布モデルの性質について考察する.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top