土木学会論文集
密な砂地盤における長方形基礎の支持力特性の分岐理論による考察
山川 優樹池田 清宏高橋 加代子樋口 雄一川崎 宏二
著者情報
ジャーナル フリー

1999 巻 (1999) 631 号 p. 283-294

詳細
PDFをダウンロード (5049K) 発行機関連絡先
抄録

基礎の支持力問題や斜面の安定問題といった地盤工学の応用分野では, その簡便性や信頼性から, 極限解析に基づく算定式が古くから用いられてきた. しかし近年, より合理的な評価のためには, 進行性破壊や分岐の考慮が必要であるとの認識が広まりつつある. 本論文は, 遠心載荷実験を行うことにより基礎の支持力特性を求め, そのメカニズムを分岐理論により明らかにするものである. 基礎の支持力特性の3次元効果について考察すると共に, 漸近的分岐理論の手法を用いて, 荷重-変位曲線をもとに分岐現象の介在を検証し, 基礎形状などによる強度や破壊モードの変動が分岐現象として説明可能であることを示す.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top