土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
北海道の橋梁のユーザーコストの定量化の試みとその利用について
杉本 博之首藤 諭後藤 晃渡辺 忠朋田村 亨
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 2001 巻 682 号 p. 347-357

詳細
抄録

北海道の橋梁のユーザーコストを数値化することにより, ライフサイクルコストにおけるユーザーコストの影響について調べるものである. ライフサイクルコスト低減の考え方は, 効率的な維待管理システムを作るために, 橋梁維持管理システム (BMS) に取り入れられて来るであろう. しかし, ライフサイクルコストを考える上でのユーザーコストは, 項目としてのみ挙げられ, 実際にどの程度の影響があるかについての研究は少ない. ユーザーコストはライフサイクルコストの大きな割合を占めると予測される. また, ユーザーコストは, 対象橋梁周辺の迂回路ネットワークの評価を示す一つの指標であると考えられる. ユーザーコストの定量化を試み, それを取り入れたBMS戦略の一例, および中規模のRC橋梁の耐震設計に関わるライフサイクルコストの計算例によりユーザーコストの影響の程度を検討した.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top