土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
三陸はるか沖地震における被害と地盤特性
橋詰 豊塩井 幸武毛呂 眞
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 2001 巻 694 号 p. 117-130

詳細
抄録

1994年三陸はるか沖地震における青森県八戸市の建物等の構造物被害, 水道被害と地盤の振動性状の関係を, 常時微動測定及び一次元重複反射理論に基づくモデル計算の結果を用いて検討した結果, 次のような相関関係が得られた. 1) 地盤振動のスペクトル形状はN値50程度の基盤より上の, ごく浅い地層の影響を強く反映している. 2) 水道被害は地盤のスペクトルや加速度レベルによる影響よりも主に傾斜地や切土・盛土等の人工的なものも含めた地層境の影響を受け易い. 3) 構造物の被害は, 地盤の卓越周期に影響され易い. これらの事より, 常時微動測定は構造物被害を推定するのに有効と考えられる.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top