土木学会論文集
砂の平面ひずみせん断形態の幾何学的考察
池田 清宏山川 優樹櫻庭 嗣大須藤 良清
著者情報
ジャーナル フリー

2003 巻 (2003) 729 号 p. 87-98

詳細
PDFをダウンロード (9626K) 発行機関連絡先
抄録

供試体寸法・端面摩擦の有無・載荷速度等の各種実験条件を変化させた豊浦砂の平面ひずみ圧縮せん断試験を数多く行い, その変形形態を観察した. この観察結果を「せん断帯分岐」,「低周波の拡散型分岐」,「高周波の拡散型分岐」という3つの視点に基づいて分類した結果, 供試体寸法・端面摩擦の有無・載荷速度等の各種実験条件の違いが, 分岐モードを変化させることにより, 多様な変形形態を生み出していることを明らかにした. また, 3種類の分岐が混在していることが, 供試体のせん断挙動を非常に複雑にしていることを示した.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top