土木学会論文集D1(景観・デザイン)
Online ISSN : 2185-6524
和文論文
都市部のウォーターフロントにおける飲食店の夜景成立要件に関する研究―「東京夜景」に着目して―
稲葉 諒介岡田 智秀横内 憲久
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 1 号 p. 29-38

詳細
抄録

 本研究では現代の夜景鑑賞が生まれるきっかけとなった都市部のウォーターフロントに着目し,飲食店から眺めるウォーターフロント夜景の特徴とともに,視点場となる飲食店の立地特性や営業特性等の分析を通じて,ウォーターフロント夜景の魅力を実現する飲食店の成立要件を明らかにすることを目的とする.
 その結果として,分析対象店舗は首都圏の一般的な飲食店と比べ,8倍も長期間にわたり営業を継続しており,これらについて水際線からの立地距離の特徴を把握したところ,水際線から陸側500 m以内の立地が重要となることを示し,さらにウォーターフロント夜景の構図分類や立地的・営業的特徴の考察を通じて全4型が得られ,各型を構成する飲食店の各種共通性から,各型の成立要件を明らかにした.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top