土木学会論文集D1(景観・デザイン)
Online ISSN : 2185-6524
和文論文
検索手がかりによる街並想起の促進及び抑制
白柳 洋俊平野 勝也河田 泰明
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 1 号 p. 39-50

詳細
抄録

 本研究では,歴史まちづくりに代表される和風の街並を対象に,検索手がかりによる街並の想起の促進及び抑制を心理実験により検証した.具体的には,街並を構成する建築に着目し,和風感及び真正性により類型化した建築画像を検索手がかり刺激とし,再認課題を実施した.このとき,検索手がかり刺激の提示方法を,再認課題に対して時間的に先行して与える継時的検索手がかりと,同時に与える同時的検索手がかりの2種類設定し,各提示方法における検索手がかり刺激による建築刺激の再認成績の差異を検討した.その結果,和風感及び真正性がともに高い建築刺激が継時的検索手がかりとなると建築刺激の想起が促進される一方,和風感及び真正性が低い建築刺激が継時的的手がかり及び同時的手がかりとなると建築刺激の想起が抑制されることを明らかにした.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top