土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
ISSN-L : 2185-4661
応用力学論文集Vol.19(特集)
非接触変位場応答計測に基づく不可視損傷検出の基礎的研究
野村 泰稔内山 洸野阪 克義日下 貴之
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_87-I_96

詳細
抄録

構造物の健全性を評価する上でき裂の検出は重要であり,多くの方法が提案されている.中でも可視光画像を用いた方法は簡便で有望視されており,パターン認識手法を利用したき裂検出システム等が提案されている.しかし,これらはき裂そのものに着目した方法であり,不可視の状態にあるき裂を検出することはできない.本研究では荷重変動に伴うき裂開閉挙動に着目し,き裂の発生・進展前の画像を必要とせず,不可視な状態にあるき裂を検出するシステムの開発を目的として,デジタル画像相関法により被写体表面の変位場を取得し,き裂開口に伴う見かけ上のひずみ場を算出・評価する.コンクリートおよびあらかじめ切断された鋼板にCFRPを接着した供試体に対して実証試験を行い,本システムの有効性を検証した.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top