土木学会論文集C
Online ISSN : 1880-604X
和文論文
神戸空港海底地盤における洪積粘土層の原位置圧密挙動
長谷川 憲孝松井 保田中 泰雄高橋 嘉樹南部 光広
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 62 巻 4 号 p. 780-792

詳細
抄録

 神戸空港は神戸港沖に埋立造成して築造されたが,海底地盤には洪積層が厚く堆積している.大阪湾の洪積粘土は擬似過圧密粘土とされており,その挙動については不明確な部分が多い.あわせて海成粘土層の間に堆積している砂礫,砂,粘土の互層部の排水能力が不明確であった.これらのことを解明するために,洪積層において区間変位測定器および多深度間隙水圧計により圧縮量や間隙水圧の測定を行った.対象としたのは,埋立荷重により正規圧密状態に入ると思われる洪積層の上部に分布するDs1~Ds3層(互層部)とMa12層,Ma11層の上部である.計測の結果,Ma12層の上部については実測による圧密降伏応力を把握することができ,室内土質試験より求められた値に対する低下率を把握することができた.あわせて,互層部の排水能力の高いことが確認できた.

著者関連情報
© 2006 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top