土木学会論文集F3(土木情報学)
Online ISSN : 2185-6591
ISSN-L : 2185-6591
特集号(論文)
対応行動データベースの構築と台風災害時避難の学習方法の検討
有友 春樹高橋 亨輔岩本 祐子井面 仁志白木 渡
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_289-I_296

詳細
抄録

 近年,2015年9月に発生した関東・東北豪雨災害など,市域を超える大規模な風水害が多発している.このような災害に対応するためのソフト対策のひとつとして,タイムライン(事前防災行動計画)の作成が推進されている.しかし,タイムラインに沿った対応行動をとるには事前の学習や訓練が必要である.
 本研究では,災害発生時の対応行動の学習支援のため,個人や社会の行動に着目して過去の対応行動を収集し時系列的に整理した対応行動データベースを構築する.そしてこの対応行動データベースを活用して,過去の対応行動の問題点や課題について分析し,今後起こりうる災害に対してとるべき効果的な行動を検討する.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top