土木学会論文集D
Online ISSN : 1880-6058
ISSN-L : 1880-6058
和文論文
1次元多都市システムにおける人口集積パターンの創発メカニズム
赤松 隆高山 雄貴池田 清宏菅澤 晶子佐藤 慎太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 66 巻 4 号 p. 442-460

詳細
抄録

 本研究は,新経済地理学(NEG)分野で開発された2都市 Core-Periphery (CP)モデルを多都市システムの枠組に拡張し,その均衡解の分岐(少数都市への産業・人口集積)特性を明らかにする.CPモデルに関する従来研究は,その大半が2都市モデルの解析に留まっている.その最大の理由は,多都市モデルで生じる分岐解析の困難さにある.この問題に対し,本稿は,空間割引行列,離散フーリエ変換,円周都市システムの3つの鍵概念を組合わせたアプローチを提示する.そして,その分析法を用いれば,多都市CPモデルにおける分岐の基本的な仕組みは容易に理解できることが示される.さらに,計算分岐理論に基づいた系統的な数値計算により,より詳細な集積・分散パターンも明らかにされる.

著者関連情報
© 2010 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top