土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
環境システム研究論文集 第39巻
乾季デリーにおける気温分布構造とヒートアイランド対策ポテンシャルに関する研究
亀卦川 幸浩石坂 泰斗保刈 和也Manju MOHANBhola Ram GURJAR
著者情報
ジャーナル フリー

67 巻 (2011) 6 号 p. II_315-II_326

詳細
PDFをダウンロード (5638K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究では,乾季デリーを対象に地上気温分布構造の現況把握とヒートアイランド対策ポテンシャルの推定を試みた.2008年5月と2010年3月における地上気温の多点計測の結果,夜間を中心に都市気候学的な土地利用分類であるLocal Climate Zoneに対応した合理的気温変化の特徴が見出された.加えて,デリー市街地の夜間昇温が都市キャノピーと人工被覆の作用によることが推測された.これら地上気温の時間的・空間的変化の傾向は,著者らの都市気候・ビルエネルギー連成モデルにより概ね再現可能であった.人口1.5倍増と一人あたりエネルギー需要の東京現況水準への到達を想定した近未来シナリオ下での連成モデルによる数値実験の結果,乾季5月のデリー市街地の日平均地上気温について約1℃の昇温が予測された.同昇温は,地表面の緑化・高アルベド化対策を以ってしても0.1℃前後しか緩和されないものと推計された.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top