土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
ISSN-L : 2185-6648
地球環境研究論文集 第20巻
日本の干潟における過去の長期面積変化特性と海面上昇による将来の浸食予測
有働 恵子武田 百合子吉田 惇真野 明
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 5 号 p. I_279-I_285

詳細
抄録

 将来懸念される海面上昇の干潟への影響を調べるため,広大な干潟が広がる有明海・八代海および東京湾を対象とし,過去の長期的な干潟面積の変化を調べるとともに,海面上昇に伴う将来の浸食予測を行った.過去の長期的な干潟面積の変化を調べた結果,干潟面積は長期的に減少する傾向にあった.最新の詳細な海底地形データを用いて,海面上昇量と堆積(地盤上昇)速度の影響について将来の干潟浸食予測を行ったところ,干潟の堆積速度の差異により,その浸食面積は大きく異なった.今後洪水等の影響も考慮した,より精度の高い予測が必要とされるものの,海面上昇により深刻な干潟浸食が生じる可能性があることが示唆された.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top