土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
地球環境研究論文集 第22巻
パキスタンに豪雨をもたらすインドモンスーンの蛇行パターン及びブロッキングの特徴
竹内 大輝山田 朋人Murad Ahmed Farukh
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 5 号 p. I_263-I_269

詳細
抄録

 2010年夏, パキスタンにて過去100年間で最も激しい豪雨が発生した.パキスタンを襲った同年の豪雨はロシア北西部におけるブロッキング現象とインドモンスーンの蛇行が主な原因と指摘されている.本研究ではモンスーンの蛇行パターンの分類を行い,パターンごとの大規模気象場の特徴を調べた.その結果,パキスタンに洪水をもたらしやすいモンスーンの蛇行パターンが存在し,その場合では中東全域における海面気圧の負の平年偏差及びロシア北西部広域での正の平年偏差が見られた.1982年から2012年の31年間では,パキスタン豪雨時に発生していたブロッキングの発生回数は6月から8月にかけて減少する一方,パキスタンに豪雨をもたらしやすいモンスーンの蛇行発生回数は増加する傾向にあった.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top