土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
ISSN-L : 2185-6648
環境工学研究論文集 第51巻
海洋性アナモックス細菌の重金属および硫酸塩代謝活性
粟田 貴宣西本 一真金田一 智規尾崎 則篤大橋 晶良
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 7 号 p. III_251-III_256

詳細
抄録

 海洋環境中から嫌気性アンモニア酸化(アナモックス)細菌の集積の際に植種源として採取された海洋底泥中には,アナモックスプロセスに必要なアンモニア性窒素および亜硝酸性窒素がわずかに存在するのみであり,海洋性アナモックス細菌は実験室での最適培養条件とは異なる代謝プロセスによって生存のための補助的なエネルギーを獲得していると考えられる.そこで本研究では,海洋性アナモックス細菌が利用する可能性のあるマンガン,鉄,硫酸塩の還元について,海洋性アナモックス細菌が優占しているバイオマスを用いた際に,酸化・還元反応が起こるかどうかを回分試験によって確認した.その結果,海洋性アナモックス細菌“Candidatus Scalindua sp.”のマンガン還元速度,マンガン酸化速度,鉄還元速度,硫酸還元速度はそれぞれ0.16,0.005,0.01,2.05 nmol mg-protein-1min-1であった.また,硫酸還元に対する亜硫酸生成の割合は約60%であり,一部が硫化水素もしくは硫化鉄へ変化していることが推察された.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top