土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
環境システム研究論文集 第43巻
八丈島における市場を介さない食料供給サービスの実態とレジリエントな島づくりへの一考察
齊藤 修ヤルッコ・ハバス白井 浩介栗栖 聖荒巻 俊也花木 啓祐
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 6 号 p. II_349-II_357

詳細
抄録

 本土からの物流と人流の交流に制約がある離島においては,その資源消費の形態が物質フロー及びストックの両面で異なることが想定される.本研究では,離島としては比較的交通の便がよいとされる八丈島を対象として,資源消費のなかで特に食料に焦点を当てて離島特有の食料生産消費の流れ(フロー)とそれを支えるストック(備え)の実態を明らかすべく島民を対象とした聞き取り調査とアンケート調査を実施した.その結果,島内では食料の自家生産といただきもの(おすそわけ)が多い時期には,日常の食生活の約半分が市場を介さない食料によって支えられていること,またこうしたわかち合いで得た食料を長期的に保存するための専用の冷凍庫が家庭用に広く普及していることを定量的に明らかにした.得られた知見を踏まえて,こうした食のわかち合いのサブシステムが自然災害や社会経済変動に強い,レジリエントな島づくりで果たす役割,可能性と今後の課題について考察した.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top