土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
地球環境研究論文集 第25巻
レジリエントシティの具現化に向けた施策をめぐる一般市民の認知構造
馬場 健司白井 浩介田中 充
著者情報
ジャーナル 認証あり

73 巻 (2017) 5 号 p. I_211-I_221

詳細
PDFをダウンロード (2620K) 発行機関連絡先
抄録

 レジリエントシティの具現化が求められている中で,本研究では全国9都市の一般市民を対象とするウェブ質問紙調査データの分析により,レジリエント施策に対する受容性をめぐる認知・評価構造を検証した.主な結果は次のとおりである.第1に,全国的にはリスク認知として地震など,脆弱性評価として高齢化比率・過疎化比率の高さなど,回避すべき事態として食料・ライフラインの供給途絶などが高く評価されているものの,リスク認知と脆弱性評価の各指標は地域差が認められる.第2に,リスク認知,脆弱性評価,回避すべき事態がレジリエント施策に対する態度を決定するという共通的な認知構造は説明力が概ね高く,地域によって異なる面があるものの基本的には支持されている.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top