土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
地球環境研究論文集 第25巻
異なる林相を有する山地渓流域における粒状有機物輸送量の変動
鈴木 準平今村 正裕中野 大助山本 亮介松梨 史郎池田 英史石井 孝
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 73 巻 5 号 p. I_323-I_330

詳細
抄録

 群馬県北部に位置する林相が異なる2つの山地渓流を対象とし,粒状有機炭素(FPOC)および粒状有機窒素(FPON)について長期的に採取した.FPOCおよびFPONの濃度と流量の積から求めた輸送量(LCQ)とLQ式から求めた輸送量(LLQ)の調査期間の累積値を比較した結果,どちらの流域においても,12%~20%程度異なることが示された.このとき,LLQは,低い流量における輸送量を過小評価し,一方のLCQはサンプリングがない出水の輸送量を過小評価するため,適切なモニタリング手法の適用が重要である.ただし,どちらの手法を採用した場合であっても,年間を通じたFPOCおよびFPONの輸送量については,流量による影響が大きく,また有機物の質を表すCN比にも違いが見られなかったことから,広域的に分類される林相の違いが粒状有機物の輸送に与える影響は限定的であることが示唆された.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top