土木学会論文集F
Online ISSN : 1880-6074
招待論文
土木における情報の意義と役割
蒔苗 耕司
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 64 巻 2 号 p. 148-162

詳細
抄録

 本論文では,土木における情報の意義と役割を見出すことを目的とし,土木情報の構造について考察する.土木情報の構造は,抽象−具体による情報ピラミッドとして表現でき,ライフサイクルは5期に区分できる.土木情報ピラミッドは,土木の理念を頂点とし,政策等を経て,個々の土木構造物に接続する大ピラミッドである.情報技術は,土木情報の時空間構造に対し,取得,情報の表現・加工,予測,投影,ライフマネジメント,運用,人間・社会との情報交換,情報マネジメント,に分類することができ,これらは情報の遅延の解消,建設プロセスの効率化,建設物の品質向上に寄与する.これからの土木情報技術に求められるのは,情報を総体として捉えた情報マネジメントである.膨張する情報を管理・活用し,次世代の土木構造物に生かしていくことが求められる.

著者関連情報
© 2008 社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top