土木学会論文集F
Online ISSN : 1880-6074
和文論文
空港舗装アセットマネジメントのためのハイブリッド型地盤沈下モデル
下村 泰造小濱 健吾貝戸 清之小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 64 巻 4 号 p. 463-482

詳細
抄録

 空港施設のアセットマネジメントにおいて,地盤沈下予測は重要な課題となる.設計・施工段階では,地盤条件に多大な不確実性が介在するために,沈下過程を確定的に予測することは困難である.本研究では,不同沈下を考慮した1次元圧密モデルを用いて,地盤沈下過程に関するサンプルパスを作成するとともに,サンプルパスを荷重平均した混合地盤沈下モデルを作成する.空港の供用開始後,地盤沈下量を継続的にモニタリングすることにより,混合地盤沈下モデルをMCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)法を用いてベイズ更新するハイブリッド型地盤沈下モデルを提案する.最後に,実際の空港舗装を対象とした適用事例を通して,提案手法の妥当性を検証し,地盤沈下予測モデルとしての適用可能性と実用化に向けた課題を明らかにした.

著者関連情報
© 2008 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top