土木学会論文集G
Online ISSN : 1880-6082
ISSN-L : 1880-6082
和文論文
コンポスト型トイレにおける病原ウイルス指標
風間 しのぶ大瀧 雅寛
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 66 巻 4 号 p. 179-186

詳細
抄録

 おが屑を担体としたコンポスト型トイレには病原微生物が残存する可能性がある.特におが屑交換等の際,残存性が強いと考えられる糞便由来の病原ウイルスに注意する必要があるが,通常,微生物指標として用いられる大腸菌はウイルスと耐性が大きく異なるためウイルス指標としては不十分である.本研究では糞便性連鎖球菌に着目し,コンポスト型トイレにおけるウイルス監視指標としての可能性を検討した.まず,糞便性連鎖球菌が稼働中のコンポスト型トイレから十分な濃度で検出されるか確認した.また,実験室にて糞便性連鎖球菌と大腸菌ファージのおが屑中での挙動を比較し,さらに,コンポストの安全性を高めるために実施される石灰処理における挙動を検討した.その結果,高pH以外の通常状態では糞便性連鎖球菌は指標として適していると考えられた.

著者関連情報
© 2010 社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top