土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文報告
遠心力模型実験による岩盤斜面の地震時安定性評価に関する基礎検討
石丸 真河井 正
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 1 号 p. 36-49

詳細
抄録

 本報告では,岩盤斜面の地震時崩壊挙動を対象とした遠心力模型実験を行い,等価線形解析によるすべり安全率に基づく地震時安定性評価手法の適用性に関して検討を行った.
セメント系の模擬岩盤材料とテフロンシートによる模擬不連続面を用いて流れ盤斜面模型を作製し,遠心加速度30Gのもとで,入力波(正弦波)の加速度振幅をステップ毎に増大させた加振実験を実施した.その結果,斜面模型は実規模換算3.5m/s2入力時に脆性的な破壊により崩壊し,その崩壊形態は模擬不連続面が大きく関与した平面すべり崩壊であった.また,本検討で実施した遠心力模型実験と等価線形解析の条件のもとでは,すべり安全率に基づく地震時安定性評価手法は安全側であることが確認された.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top