土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文論文
種々の泥岩の不撹乱および再構成試料の膨潤・スレーキング挙動と石灰による改良効果
小西 純一鈴木 素之高原 宏吏藤井 公博
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 4 号 p. 564-582

詳細
抄録

 泥岩の膨潤とスレーキングは,現象の形態,発生メカニズムにおいて異なる現象であるが,いずれも浸水による劣化現象であること,切土面の劣化や斜面崩壊に関与すること等の共通性がある.著者らは,膨潤およびスレーキングの効果的な抑制技術の提案を念頭にして,不撹乱泥岩およびその再構成供試体を用いた一次元膨潤圧・膨潤率測定試験,浸水崩壊度試験を実施した.その結果,最大膨潤圧と最大膨潤率は両対数軸上でいくつかの直線的な相関に膨潤区分されること,乾燥条件は膨潤およびスレーキングに共通の影響要因であることがわかった.また,生石灰を添加した再構成供試体を用いた一次元膨潤率測定試験,浸水崩壊度試験から,乾燥質量比5%の生石灰添加により,膨潤率の低下や浸水崩壊度の遅延・抑制効果が得られることがわかった.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top