土木学会論文集C(地圏工学)
和文論文
斜面近傍に位置する逆T字型送電鉄塔基礎の引揚支持力解析
山川 優樹溝江 弘樹千田 大戸田 丈池田 清宏田村 洋寺田 賢二郎
著者情報
ジャーナル フリー

71 巻 (2015) 1 号 p. 1-13

詳細
PDFをダウンロード (1780K) 発行機関連絡先
抄録

 現在幅広く採用されている逆T字型送電鉄塔基礎の引揚支持力算定式は,主に水平地盤に設置された基礎を対象としている.一方,傾斜地盤などにおける支持力評価は,土被り重量を確保するために谷側最小根入れを確保する方法,土すい体重量を確保する方法,または各種経験的方法により行われている.これに対して,本研究では三次元弾塑性有限要素法を用いて,斜面近傍に位置する逆T字型基礎の引揚支持力評価を行った.基礎設置位置から法肩までの距離を変化させた検討を行い,その距離がある値を下回ると引揚支持力が急激に低下することを確認した.また,様々な斜面傾斜角について検討を行った結果,斜面傾斜角の増加に伴って引揚支持力が低下し,また,法肩からの距離が小さいほど斜面傾斜角の増加に伴う支持力低下程度が大きいことが分かった.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top