土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文論文
加熱法を用いた廃石膏ボード由来再生石膏の半水石膏含有率の推定
佐野 博昭山田 幹雄小竹 望尾形 公一郎川原 秀夫
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 75 巻 4 号 p. 430-442

詳細
抄録

 本研究では,廃石膏ボード由来再生石膏を主に地盤改良材として利用する観点から,再生および試薬の石膏の熱的挙動を詳細に調べるとともに,加熱時の所定の温度における形態変化に着目し,再生石膏の簡易な品質判定法として「加熱法」を用いた半水石膏含有率を推定する方法について検討を行った.得られた結果より,24時間加熱を行った場合,二水石膏は90℃で半水石膏へ,120℃で無水石膏へと形態変化が生じることが明らかとなった.また,加熱温度70℃と90℃のときの質量差(減少量)を用いて二水石膏含有率と半水石膏含有率を計算により求めたところ,「加熱法」による推定法の有効性が示された.さらに,「加熱法」により求めた半水石膏含有率と「密度法」により求めた半水石膏含有率を比較したところ,両者はほぼ一致することが明らかとなった.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top