土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文論文
海底地すべり運動形態の分岐現象に関する線形安定解析とその解釈
岩井 裕正安井 俊平
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 77 巻 3 号 p. 283-295

詳細
抄録

 筆者らは,海底地すべりを模擬した室内模型実験により,水中での地すべり運動が速度時刻歴の特徴から3パターンに分類できることを明らかにしてきた.特に,大規模な地すべりに発展する場合,速度一定の定常状態を経て地すべり速度が正に発散するという,クリープ破壊的な挙動を示した.そこで,このような地すべりの運動形態が異なる現象を,定常状態にあるすべりからの分岐問題としてとらえ,非線形摩擦則を考慮した運動方程式の線形安定解析を実施した.その結果,定常状態から摂動が与えられた後のせん断応力の変化によって,支配方程式の解軌道が3パターンに分岐することが分かった.さらに,それぞれの場合について速度時刻歴を数値計算した結果,実験で得られた速度のパターン分類と定性挙動が一致し,実験結果を数学的に裏付ける結果を得た.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top