土木学会論文集B1(水工学)
Online ISSN : 2185-467X
ISSN-L : 2185-467X
水工学論文集第62巻
水害の浸水深と住宅取引価格変化の関係分析 -ハリケーン・サンディの被災地を対象に-
井上 亮大津 颯井内 加奈子
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 4 号 p. I_1315-I_1320

詳細
抄録

 近年,地球温暖化により大規模水害が頻発すると懸念されており,ソフト防災対策の強化も求められている.ソフト防災対策の成否は,住民が水害危険度を適切に認識しているかに依存するが,その実態は明らかではない.本研究は,住民が経験した水害の被災規模が危険度認識に与える影響を評価するため,詳細な浸水深データが整備されたニューヨーク市の沿岸部のハリケーン・サンディによる被災住宅地を対象に,不動産取引価格と浸水深の関係をヘドニック・アプローチを用いて分析した.その結果,浸水深の増加に伴う不動産取引価格下落が確認され,被害規模に応じた水害危険度認識形成の可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top