土木学会論文集B1(水工学)
Online ISSN : 2185-467X
ISSN-L : 2185-467X
水工学論文集第63巻
複数のリモートセンシング観測による夏季の局地的大雨の形成過程の研究
佐野 哲也佐藤 晋介
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 5 号 p. I_259-I_264

詳細
抄録

 局地的大雨の現況監視の高度化と形成過程の解明を目的として,全地球測位航法衛星システム(GNSS),ひまわり8号,X-バンドマルチパラメータレーダー,フェーズドアレイ気象レーダーといった複数のリモートセンシング観測データを用いて,夏季の大阪平野で発生する局地的大雨の形成過程を調べた.湿潤な環境場において,南側山地からの雲の移流および平野上に発生した積乱雲に伴って12個の孤立した降水域が形成された.それぞれの降水域の寿命は17~103分と大きな幅を持ち,地上付近にもたらされた時間積算降雨量も2.3~57.7mmと大きく異なっていた.降水域の寿命については,その近傍のGNSS可降水量の時間変化と関係性が見られた.そして,高時間分解能の複数の観測データの時間変化に基づいた,局地的大雨の発生ポテンシャルの推定と地上降雨発生の事前の検知の可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top