土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
和文論文
多階層最適企業組織配置モデルに関する研究
奥村 誠高田 直樹大窪 和明
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 4 号 p. 408-421

詳細
抄録

 本研究では,ORの分野で研究が進んでいる施設配置問題を理論的基盤としながら,サービス企業の多階層組織配置モデルを構築した.さらに,企業組織に関するマクロな統計データを用いた実証分析を可能にするため,マルコフ連鎖モンテカルロ法による企業特性パラメータのサンプリング手法を導入した.本手法を用いて日本における最近10年間の地域間格差の分析を行った結果,a)都道府県全体では雇用者数の地域間格差変動の9割が産業構造変動に起因し,交通条件変動による影響は1割程度であること,b)交通条件の変化が大きい地域では,交通条件変動の影響が3割に達すること,c)平均賃金の地域間格差変動に関しては,その7割が産業構造変動に起因すること,という3点が明らかになった.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top