土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第28巻(特集)
都市高速道路の車種別料金体系に関する検討
井ノ口 弘昭秋山 孝正
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 5 号 p. 67_I_1173-67_I_1180

詳細
抄録

本研究では,都市高速道路の車種別料金体系の設定について,便益面・環境面も含めて検討した.その結果,1)通行料金が高くなるほど,高速道路の総走行時間は減少し,一般道路の総走行時間,高速道路の平均利用距離は増加することが分かった.2)車種別料金設定が地球環境・地域環境に与える影響を推計した結果,総走行時間が最小のケースでCO2排出量が最小になり,NOx排出量に関しては大型車の通行料金が低いケースで基準を満たさないリンク数が増加する傾向があることが分かった.3)環境影響を考慮した便益を推計したところ,環境影響を考慮しない場合と比べて総便益額に大きな変化は表れないことが分かった.環境保全は重要な課題であり,便益とは別の枠組みで環境影響を考慮する必要がある.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top