土木学会論文集D3(土木計画学)
土木計画学研究・論文集 第32巻(特集)
車線変更行動に着目したサグ部渋滞発生要因の分析と渋滞対策アプローチ
牧野 浩志鈴木 一史鹿野島 秀行山田 康右堀口 良太
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

71 巻 (2015) 5 号 p. I_1001-I_1009

詳細
PDFをダウンロード (2789K) 発行機関連絡先
抄録

都市間高速道路のサグ部での渋滞発生要因については,上り勾配に伴う速度低下や車線利用の不均衡等が知られており,ITSを活用してそれらの是正を図る情報提供等の対策が実施されている.一方,渋滞発生前の高密度な交通流における車線変更行動と渋滞発生との因果関係に関しては,十分な知見が得られていない.本研究では,車線変更行動と減速波の発生・伝播の関係について,路側ビデオ映像に基づく時空間車両軌跡データ等を用いて分析を行った.また,サグ渋滞対策への一つのアプローチとして,車線変更行動を抑制する方策の合理性に関して示唆を得るため,臨界流下で車線変更を繰り返して先を急ぐアグレッシブドライバが,そうした行動によって短縮し得る所要時間について,ミクロ交通シミュレーションを用いて試行的に評価した.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top