土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第34巻(特集)
商用車プローブデータを用いた潜在的事故危険性の把握手法の構築
中山 達貴中村 俊之宇野 伸宏Schmöcker Jan-Dirk
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 5 号 p. I_1093-I_1104

詳細
抄録

本研究では,速度超過による交通事故発生が多い名阪国道を対象にプローブデータを用いた潜在的な事故危険性の把握手法を構築するものである.本研究では特に商用車の走行軌跡データから速度推移に基づき,潜在的な事故危険性を伴う走行をクラスター分析により分類し,潜在的事故危険性を誘発している区間の抽出に二項ロジスティック回帰分析を適用した.分析の結果,当該路線における潜在的事故危険性の高い走行は安全な走行と比較して,速度推移に差異が生じる地点が実際の事故多発区間よりも上流側に存在してことが明らかになった.本研究で得られた知見を踏まえ,今後の交通安全対策の実施が期待される.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top