土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第34巻(特集)
統合モビリティサービスの概念と体系的分析手法の提案
藤垣 洋平TRONCOSO PARADY Giancarlos高見 淳史原田 昇
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 5 号 p. I_735-I_746

詳細
抄録

本論文では,鉄道,バス,タクシー,DRTやカーシェアリング等の交通サービスを,一つのアカウントや窓口で一体的に決済できる料金体系と単一の検索・予約システムを通して利用者に提供する「統合モビリティサービス」(IMS)の概念を整理し,その分析のための枠組みを提案する.IMSの一種と位置付けられる“Mobility as a Service (MaaS)”は,既にフィンランドでサービスが開始されており,今後世界の多くの都市へ導入が進む可能性がある.IMSは,自家用車保有に代わる包括的な移動サービスとなり,交通行動や各交通手段の利用状況に大きな影響を与えうるが,サービス供給者と利用者の相互作用を体系的に分析する手法については十分に議論がなされていない.そこで本論文では,IMSの分析の枠組みとしてMulti-Cycle Modelを提案し,計算例を提示する.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top