土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第35巻(特集)
固有値解析による固有ベクトルを利用した緊急輸送道路ネットワークの脆弱性評価
中南 孝晶中山 晶一朗小林 俊一山口 裕通
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 5 号 p. I_1141-I_1148

詳細
抄録

災害時に生じる緊急輸送を円滑に行うための緊急輸送道路が,災害時に通行可能な状態で連結できるのかどうかという連結性を高めることが重要となる.そのため,道路の被災によって連結性の観点でクリティカルな影響がある脆弱な部分を評価し,対策を施すことが望ましい.しかし,巨大災害を想定した大規模ネットワークにおいて,従来の評価方法では,膨大な数のODペアに対処する必要があるなど作業効率上の課題を抱えている.本稿では,大規模ネットワークの脆弱性評価を行うため,ネットワーク科学で研究が進められている第二最小固有ベクトルを利用する手法を提案する.さらに,第二最小固有値値・固有ベクトル中心性・媒介中心性を用いた手法を提案するとともに,それらを北陸・東海地方の様々な範囲の実ネットワークに適用し,比較・考察する.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top