土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第35巻(特集)
地震に対する道路の弱点箇所に基づく防災拠点間の接続性評価に関する研究
大澤 脩司岡田 真由子中山 晶一朗山口 裕通
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 5 号 p. I_591-I_603

詳細
抄録

過去の地震被害を受けて,災害時に重要な拠点間の接続性を確保することの重要性が強く認識されている.このような防災対策を実現するためには,道路網上の災害に対する弱点箇所を考慮した道路網の接続性評価が欠かせない.本研究ではまず地震時に建物倒壊,橋梁損傷・落橋,斜面崩壊に関する道路網の弱点箇所の考え方とその集計方法を示す.次にその弱点箇所数を活用し,通過する弱点箇所数を少なくすることに着目した防災拠点間の接続性を保つべき経路および防災対策を実施すべきリンクの簡便な評価方法を提案する.石川県緊急輸送道路網を用いた試算により,通過する弱点箇所を少なくしつつ通常の最短経路から大きく逸脱しない2つの経路と,対策を実施すべきリンクを評価できることを確認した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top