土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第35巻(特集)
固有ベクトル中心性の概念を拡張したネットワーク上の拠点ノード抽出および領域分割手法の提案
小林 俊一若林 桂汰坪川 秀太朗中山 晶一朗
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 5 号 p. I_747-I_760

詳細
抄録

道路ネットワークを分析あるいは集約する方法の一つとして,ネットワークの幾何的な情報に基いて対象地域を複数のサブエリアに分割する以下の手法を提案する.ネットワークの隣接行列と固有ベクトル中心性の概念を利用し,中心性の最も高いノードを拠点ノードとして抽出する.この方法を拡張し,既出の拠点ノードからの距離による重みを考慮した修正隣接行列に対し,固有ベクトル中心性を逐次的に適用して複数の拠点ノードを抽出する.その上で,複数の拠点ノードからの最短距離に基づいて複数のサブエリアに分割する.実ネットワークに対する提案手法の適用性を調査するため,北陸及び周辺地域の緊急輸送道路ネットワークを対象にした試算の結果,提案手法は拠点ノードの偏在を回避しつつ対象領域をサブエリアに分割できることを確認した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top