土木学会論文集
Online ISSN : 2436-6021
特集号(海洋開発)論文
海底鉱物資源混合揚収に向けたパルプリフト方式の基礎的検討
菅原 弘貴下村 光毅中谷 直樹山崎 哲生片山 裕之熊谷 隆宏
著者情報
ジャーナル 認証あり

2023 年 79 巻 18 号 論文ID: 23-18091

詳細
抄録

 日本のEEZ内にある南鳥島周辺の海底付近には,レアアース泥やマンガン団塊が存在する.その揚収手法の一つとして,パルプリフト方式が検討されている.パルプリフト方式とは,レアアース泥と海水を混合した高粘度の作動流体を用いてマンガン団塊を輸送する方式である.この方法を実現するためには,様々な条件下での海底資源の揚収量を推定することが不可欠である.しかし,作動流体の粘性特性は不明であり,確実な揚収量推定は困難であった.本研究では,パルプリフトシステムの作動流体の粘性特性を実験により明らかにし,揚収量を推定するためのシミュレーションモデルを構築した.

著者関連情報
© 2023 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top