土木学会論文集
Online ISSN : 2436-6021
特集号(水工学)論文
貯水池観測水温を用いたアンサンブルカルマンフィルターに基づくデータ同化手法の実装と検証
岡澤 拓矢新谷 哲也
著者情報
ジャーナル 認証あり

2024 年 80 巻 16 号 論文ID: 23-16135

詳細
抄録

 水源貯水池の水質管理においては,水温の時空間的な変化の把握が重要である.現地観測は比較的信頼性の高いデータを提供するが,時空間的な変化を予測するためには数値流体力学モデルが不可欠である.本研究ではデータ同化手法の一つであるアンサンブルカルマンフィルタを3次元環境流体モデルFantom-Refinedに実装することで,その予測精度の向上を試みた.その結果,逐次的な同化はモデルの誤差を減らし続け,データ同化システムのロバスト性を確認することができた.3週間の平均MAEとRMSEはそれぞれ48%と74%まで減らすことができた.また夏季の成層した貯水池においては,限られた観測データを用いた場合でも時空間的な水温予測精度を向上させることができた.

著者関連情報
© 2024 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top