土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)
Online ISSN : 2185-6567
ISSN-L : 2185-6567
和文論文
放射性廃棄物の地下空洞型処分施設に用いる区画内充てん材の施工品質の評価
武地 真一横関 康祐新保 弘寺田 賢二秋山 吉弘矢田 勤辻 幸和
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 1 号 p. 29-43

詳細
抄録

 地下空洞型放射性廃棄物処分施設に用いる区画内充てん材は,崩壊熱により高温環境となる可能性がある廃棄体の周囲に直接打ち込まれることから,その充てん性や硬化性状への悪影響が懸念される.また,区画内充てん材は放射線環境下での施工となるため,遠隔操作による無人化施工で所定の施工品質を確保する必要があるなど,施設特有の課題もある.
 本論文では,高温環境を模擬した充てん性試験により区画内充てん材の配合を選定し,高温養生試験を行ってその硬化性状への温度の影響を明らかにした.さらに,実規模試験により,ポンプ圧送と移動式バケット方式による無人化施工を実現可能とした.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top