土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)
Online ISSN : 2185-6567
ISSN-L : 2185-6567
和文論文
高炉スラグ細骨材を使用したモルタルの遮塩性向上メカニズムに関する基礎的研究
皆川 浩藤田 亮宮本 慎太郎久田 真
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 75 巻 2 号 p. 106-124

詳細
抄録

 高炉スラグ細骨材を使用したモルタルの遮塩性を評価することを目的として,製造元の異なる高炉スラグ細骨材7種類を使用したモルタルの塩分浸透抵抗性を検討した.その後,高炉スラグ細骨材の粒度と非晶質度がモルタルの遮塩性に及ぼす影響を検討した.さらに,高炉スラグ細骨材を使用したモルタルの遮塩性の向上メカニズムを検討するために,空隙率,微細構造,塩化物イオンの固定化に関する検討を行った.その結果,高炉スラグ細骨材を使用することによるモルタルの遮塩性の向上は,高炉スラグ細骨材の反応によって高炉スラグ細骨材の界面が緻密化したことが主要因であると考えられた.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top