土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.27
波と浮体式構造物の相互作用と浮体周りの流動場の特性に関する実験的研究
李 光浩水谷 法美山田 裕貴
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 2 号 p. I_232-I_237

詳細
抄録

 浮防波堤の主な消波機構は,浮体による入射波の反射や砕波,浮体運動による発散波の位相差,浮体周辺の渦や摩擦などを組み合わせた構造をもち,重力式防波堤に比べてより複雑な消波メカニズムによって支配される.従って,浮体運動に伴う構造物周辺の波浪場を把握することは,効率的な断面形状を設計するために重要な基礎情報となる.本研究では,斜め緊張係留された矩形および円形断面浮体を対象に水理模型実験を行い,動画解析によって浮体の動揺特性および浮体周辺の流動場を調べ,波浪制御機能との関連性を把握した.浮体の動揺特性は断面形状および喫水深,浮体周辺の流動場は断面形状によって傾向が大きく異なることを確認した.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top