土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.29
海域における鉄鋼スラグ製品からのアルカリ溶出に関する大規模水槽実験
宮崎 哲史肴倉 宏史水谷 聡高橋 克則木曽 英滋平井 直樹武田 将英倉原 義之介
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 2 号 p. I_1042-I_1047

詳細
抄録

 鉄鋼スラグ製品の海域利用に際しては,表面から溶出するアルカリによるpHの変化を把握する必要がある.スラグ製品に関するpHの変化について,既往の研究では円筒容器などの閉じられた系における室内実験は実施されているが,流れがある開放された系での実験は実施されていない.そこで,本研究では,実海域の開放された系を想定した大規模な水槽実験を行い,5種類の鉄鋼スラグ製品からのアルカリ溶出について,pHを指標として,その空間分布の時間変化を調べた.その結果,粒度調整した製鋼スラグでは,その粒径によってアルカリ溶出特性に違いがあることが分かった.一方,鉄鋼スラグ水和固化体製人工石材およびカルシア改質土では,アルカリ溶出によるpHの変化は見られなかった.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top